ZOMEKI Ver.3.4.1 build-86をリリースしました。

公開日 2018年08月29日

リリース内容

機能追加

軽微な改善

  • [zomekiv3-sqr:01076] [その他] 汎用リダイレクト機能
  • [zomekiv3-sqr:01077] [カレンダー] イベント検索の開始日を空にできるように変更
  • [zomekiv3-sqr:01079] [ディレクトリ/ファイル管理] ディレクトリ編集権限を調整
  • [zomekiv3-sqr:01083] [その他] 開発モードでのログ出力を調整
  • [zomekiv3-sqr:01084] [その他] _common,_themes,_filesの処理を修正
  • [zomekiv3-sqr:01086] 管理画面CSS調整
  • [zomekiv3-sqr:01088] [管理画面]記事一覧画面のHTML修正
  • [zomekiv3-sqr:01089] [ユーザー] ユーザーアカウントの重複チェックを修正
  • [zomekiv3-sqr:01091] [講座] 非公開の講座は404を返すよう修正

リファクタリング

  • [zomekiv3-sqr:01074] [その他] URLパラメータのリファクタリング
  • [zomekiv3-sqr:01085] [その他] 不要コードの削除

 

更新手順は以下の通りです。
【注意】
以下の手順にはservers_common.confの設定ファイルをコピーする手順が含まれます。
servers_common.confを変更して運用している場合は、コピー後に変更差分を適用してください。

アプリケーションルートディレクトリに移動
$ cd /var/www/zomeki

ソースを更新
$ git pull

ライブラリを更新
$ bundle install

DBを更新
$ bundle exec rake db:migrate RAILS_ENV=production

cronを更新
$ bundle exec whenever --update-crontab

CSS, jsファイル等をコピー(public/_common ->  site/000*/public/_common)
$ bundle exec rake zomeki:maintenance:common_dir:copy RAILS_ENV=production

assetsコンパイルを実行
$ bundle exec rake assets:precompile RAILS_ENV=production

delayed_jobを再起動
$ bundle exec rake delayed_job:restart RAILS_ENV=production

unicornプロセスを再起動
$ kill -USR2 `cat /var/www/zomeki/tmp/pids/unicorn.pid`

servers_common.confをコピー
$ cp config/nginx/samples/servers_common.conf config/nginx/servers_common.conf

nginxをリロード
$ su -
# systemctl reload nginx

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード